SAITAMA NEUROPSYCHIATRIC INSTITUTE

文字サイズ

標準

 患者様の声

皆様、こんにちは。岡見芳林と申します。出身地は茨城県です。地元に、安心してケアを受けることができる施設が無く、姉が埼玉県に住んでいることで、知人を通し、埼玉精神神経センターにお世話になっております。

発病は46歳のときで、闘病生活10年になります。人工呼吸器を装着して6年になります。本日、埼玉精神神経センターで同じ病気で戦っている方々の代表として参加させていただいております。私の入院人工呼吸器の現状を、お話させていただきます。

ある人の勧めで一人の中国の先生と出会いました。先生には私の病名を伝え、診察を始めると、私の爪を見るなりこれはALSとは違うといわれました。念のためALSかどうか調べるといわれ、注射を頚椎の右脇に打たれ、怖くて生きた心地がしませんでした。とりあえず、漢方薬を飲んだり、貼ったりしましたが効果は現れず、今度は中国の天津の病院で治療をして見ましょうと言うことになりました。天津の病院は失礼ながら、40年前の日本の病院の姿を見ているようでした。レントゲンを取るときも、この機械で写るのか心配になったり、心電図にいたっては吸盤が4個も付いていないのに全くお構いなし。治療といえば、ブドウ糖液・生理食塩水・脳神経成長の素の注射・アミノ酸30g・中国式マッサージ・各種の漢方薬・そして主な治療は針でした。インターネットを通じ、韓国からリルテックも買い求め、医師の許可無く内服しておりました。藁おもすがる思いで、頼れるものには、全て縋ってきました。

今年の7月でこちらのセンターに来て丸6年目になります。

発病してから、私は延命治療を受けることを拒んでいたため、専門の病院にも行かず、在宅療養をしていました。

 

 

TOPに戻る

50歳の時、トイレで倒れ約15分間の心肺停止の状態となり、かかりつけの医師によって救命措置をしていただき一命を取り留め、救急病院へ運ばれました。そこでの医師の第一声は「どうしますか?」だったそうです。このまま死なせるか、それとも植物人間になるか。2択からの選択を迫られ、家族は後者の方をお願いしました。

10日目の朝、あまりの苦しさに目が覚めました。口には酸素吸入のチュウブが絆創膏でベタベタに固定してありました。家族から事情を説明してもらい、自分が今救急病院のICUに入っていることを知りました。口からの酸素吸入のチュウブはいつまでも装着していることができないので、気管を切開をするように勧められました。しかし、自分としては延命治療を拒む傍ら、楽になりたい気持ちからモルヒネ、モルヒネと言葉を発せられなかったので、心の中でずっと叫んでいました。

TOPに戻る

時間の猶予もなく、家族の言われるがままに気管切開を承諾しました。

その時は楽になりましたが、私の自発呼吸と、呼吸器が合わなく、呼吸器はピーピーとなり続け、看護師やヘルパーさんにうるさがれました。ICUに入っているため、タンの吸引をしてもらいたくてもナースコールは無く、歯軋りをして合図を送っているにも拘らず、気づいてもらえませんでした。そのうち左側を向き続けていた為、呼吸ができなくなり気が付いたときには酸素ボンベがあり副院長が内視鏡を使ってタンを取り出していました。これが2度目の心肺停止だったようです。

この病院で初めてのALS患者だったため、不慣れな点も多々あったようです。

私も延命治療を拒むがゆえに、病気に対する知識は皆無の状態で2度も心配停止を体験しました。私のようにならないためにも専門医の診察を早めに受ける事をお勧めします。

 

ここの病院では長期入院を拒否され、他の病院を探すように言われ、埼玉精神神経センターで平成12年7月21日よりお世話になることとなりました。

私がこの病院に来て感じた事をお話させていただきます

① 私の自発呼吸と呼吸器がぴったり一致しているために呼吸器の警報アラームが鳴らないこと、前の病院と比べ、呼吸器の大きさは半分になり、あまりのコンパクトさに驚きました。ちなみに、前の病院のメーカーは【シーメンス】でした。そして、3年前に【フジRCのPLV】から【東機貿のニューポートHT50】に変わり、私の場合呼吸器を変えることによって、より一層調子良く、使わせていただいております。しかし、中には【フジRC】の方が良いという患者さんもいるようで、呼吸器にも個々によって好みがあるようです。大きさ・重量は【フジRC】の半分です。

病院では毎日人工呼吸器の設定チェックを一日に三回行っております。カニューレとフレックスチュウブが浮いたり、外れないようにピンクの紐でしっかり縛っています。

TOPに戻る

② アンビュウバック、文字盤、体向枕の存在も初めて知りました。

アンビュウは、苦しくなったとき人工呼吸器を外し、アンビュウで手動で空気を送り込んだり、タンのきれが悪かったときに使うと楽になります。また、入浴時にもアンビュウを使いながら入浴をしています。

 

③ 入浴は週2回、1人の入浴につき、2・3人のスタッフの介助によって行われています。

清拭とはちがって、垢すりで全身を洗ってもらったり、シャンプーをしてもらったりして、仕上げにたっぷりのお湯を十二分にかけてもらいます。すっきり爽やかな気分でベットに戻ってきます。週に2回も入れることは、お風呂好きの私にとって、とてもありがたいと思っております。

 

 

 ナースコールの対応も早く、最初の頃は足を動かしてナースコールのスイッチを押していました。足が駄目になってからは、かろうじて動く額と眉の間にスイッチを作っていただき今日に至っています。

 

⑤ こちらの病院では、歯科口腔外科があります。歯が痛み出したので、丸木先生にお話しした所、歯科の先生を紹介していただき虫歯の治療をお願いしました。ところが虫歯だと思っていた歯の痛みは、根に問題があり歯の根の治療をしてくださいました。あまり口が開けられないので、開口器を使っての治療となりました。2週間に一度の治療を約1年かけて治して頂きました。藤堂先生、スタッフの皆さん、おかげ様で、今では歯の痛みはなくなり、歯は丈夫です。本当に感謝しています。

TOPに戻る

⑥前の病院ではリハビリといっても左右の手足の指先をちょいと触るだけで、ほんの2分くらいで終わりという感じでした。2ヶ月以上入院していた中でのリハビリは合わせて1週間程度というものでした。しかし、この病院に転院してから本当のリハビリを知りました。リハビリは週2回で、1回はリハビリ室で、もう1回は病室のベッド上で行います。

リハビリ室でのリハビリは手足を動かすことから始まり、指先を動かしたり、

足の開脚などがあり

中でもリハビリ室のベッドを床と垂直に立ち上げてもらうリハビリはあたかも自分の足で地に足を付いている心地になり、この快感はベッドで横になっているもの以外にはわからないと思います。

 

時間的な問題からリハビリ室でのリハビリは1週間に1度ですがもう少しできたらなという願望を持っています。リハビリ室へは車椅子に乗って行くのですが、まず病室のベッドの上にいる私を病棟の看護師さんが3人がかりで車椅子に乗せてくれ、車椅子に乗って5階の病室から6階のリハビリ室まで行くと先生方が4人くらいで車椅子からベットへうつしていただき、またリハビリが終わると再びベットから車椅子に乗せていただきます。車椅子からの乗り降りやベットへの移動が自力でできないので先生方に毎回ご迷惑をお掛けしていて忍びなく思っています

病室のベッド上でのリハビリはリハビリ室でベッドを垂直に立ち上げること以外のことをしています。

 

⑦ここの病院の特徴でしょうか、毎月1回床屋さんが来て2000円というボランティア価格で散髪をお願いできます。

TOPに戻る

⑧この病院に来たばかりの頃は鼻から胃までチュウブを挿入して食事の注入をしていました。しかしチュウブを交換するときの痛さやチュウブをつけているときのわずらわしさから」イロウをつくることになりました。おかげさまで栄養が行き渡り青白かった顔も健康色になりやせ細った体も以前より太り今ではお風呂の時やリハビリの時スタッフの皆さんに負担をかけています。

 

⑨私の知人が見舞いに来ると必ず「岡見、ここはホテルみたいにきれいで病院という感じがしないね」といいます。

私の病室は5階の東側の4人部屋です。大きなガラスを多用した光の差し込む設計となっており、気持ちの面からも明るくなります。

スライド

待合室も広く、家族や面会の方々もゆっくりくつろぐことができるスペースで、いつも笑顔が溢れている場所となっています。

ここからの眺めは素晴らしく大宮ソニックシティや

スライド

埼玉スーパーアリーナもよく見えます。逆に西側の部屋では、晴れた日には、美しい夕焼けと共に、遠くの富士山までもが望むことができる、まるで絵画のような絶景が映し出されます。

どちら側の部屋でも、四季の移り変わりをベッド上にいながらにして楽しむことができます。

4月に入りましてすぐに桜が咲き出し春の訪れを目の当たりにし、

5月には樹木の葉も青々と繁り、雨にうたれた青葉、若葉の緑も深みを増して目に飛び込んできます。自然の移り変わりは、私たちの心の癒しとなっております。

 

 

TOPに戻る

私が今日このような場所で発表できるのも、この病院へ転院してきたことがきっかけです。

こちらの病院に来てからも、考えることは元気だった頃の私の姿でした。今の私を受け入れることは、その頃の私にはできず、【今日も生きている。苦しまずに死ねたらなぁ…】と‘安楽死’のことばかり考えていました。

そんな時、同じ病気で戦っていた同室の伊東さんに出会いました。

伝の心で書かれた伊東さんからのお手紙で私は、心から救われました。すぐにリハビリの先生に伝の心の使い方を教わり、私の精一杯の感謝の気持ちを一枚の紙に託しました。以降、伊東さんからお手紙を度々頂き、手紙を頂くことを心待ちする自分がいました。また、病気に負けそうなとき何度も私に手を差し伸べてくれました。私にとってALSのカリスマ的存在であり、命の恩人と言っても過言ではありません。しかし、伊東さんは4ヶ月前にこの世を旅立ちました。伊東さんが苦しいときに何もしてあげられなかった自分が今では悔しく思っています。私は伊東さんのように人の心を動かすことは、できそうにありませんが、自分にできると思われることは、積極時に取り組んで行きたいと思います。

この病院で、伊東さん以外にも、同じ病気で戦っている仲間に出会うことができ、お互いのベットを行ったり来たりしてコミュニケーションを図っています。

出会いがあれば別れもあります。ですが、今の仲間に出会えたことは、わたしの心の支えとなっています。

病院では9時消灯です。私はF1が大好きで放送を楽しみにしています。ただ、F1の放送は夜の11時ごろから開始されることが多く、直接みることができません。そのようなときはビデオを予約録画して翌日見ています。

そのほかのテレビ番組では、口からたべることができないせいか料理番組をよく見ています。とくにどっちの料理ショーなどが好きです。またお笑い番組も見ています。病院では、イヤフォンを使っています。一人で笑っているので時々介護の人に怪訝な顔をされることがあります。

TOPに戻る

年に1-2回は、実家へ5泊6日の外泊で帰っています。帰るまでが楽しみで実家へ帰ってしまうと病院へ戻る時が来ることが怖くて、喜びも半分になってしまいます。実家に帰った時は、

元の職場のみなさんや学生時代の友達など入れ替わり立ち代り遊びに来てくれて楽しいひと時を過ごせます。

実家にいるときは家族が夜中も誰かがおきていてくれています。病院にいるときは、夜は病院の皆様に面倒をみていただいているので、家族も安心して夜は自分の時間を過ごしているようです。

 

皆さんは、藤本栄さんと言う方をご存知でしょうか?

【人工呼吸器は延命機器ではありません。生活必需品です。近視の方が掛けるメガネと一緒なのです。】これは2005年12月26日にALS協会から発行された冊子の一部を抜粋させていただきました。

私にはない発想にとても驚かされました。逆転の発想は、病気と向き合い共存することのできるきっかけになるのではないかと思います。

年月を経て分かったことですが、恵まれた環境にいるからこそ心穏やかに日々を過ごすことができています。同じ悩みを持つものにしか解らない痛みがあります。今の社会は他人を信用することや、共感しあうことがとても難しくなっています。しかし私たちは違います。私達はALSと戦い、共に障害を乗り越え、苦しみも、喜びも分かち合っていける仲間です。私も皆さんも一人ではありません。私達はその輪を少しずつ外に広げ地域や社会にもそうした世界を実現するために、力を尽くしていきましょう。

岡見様手記はこちらから

TOPに戻る

岡見 芳林(56歳)

社会福祉法人 シナプス 埼玉精神神経センター

〒338-8577 さいたま市中央区本町東6-11-1

TEL:048-857-6811(代表) FAX:048-857-0166